画像にカーソルを乗せても文字が表示されない!

ALTとは[alternative text]の略。HTMLで画像を表示できないユーザーの為に代替テキストを埋め込んでおく要素のことです。画像にカーソルを載せると帯のようなものが現れ、そこに文字が表示されます。それがALTです。こんな感じで↓

 

このALTですが、つい最近まではどのパソコンでも表示されていましたが、最近では見えるサイトと見えないサイトがあります。その理由は簡単で、HTMLで作ったサイトだと表示され、XHTMLで作ると表示されないのです。2010年頃から日本でもXHTMLでホームページ作成することが主流になってきていますので、新しいサイトほど見えなくなってくると思います。

どうしても表示されないと落ち着かない方は、ブラウザーの設定で表示させることも可能です。
IE9では[インターネットオプション]→[常にイメージのALTテキストを展開する]を選択しておけば表示されるようになります。

 

ちなみに、画像とは異なったALTを設定してSEO対策として悪用する手口が一時期横行しましたが、現在その手は一切通用しません。画像に対してきちんとしたALTを設定しているサイトの方がSEO的には有利ですので正しく記述しましょう。

(C)2013 AT-Magazines corp. All Rights Reserved.