作成者別アーカイブ: atmag

WEBデザイナーが不足するとオモワレ

今から約15年前はITバブルでWEBデザイナー不足でした。
当時はスマホなども無く(ちなみにスマホ登場は2007年のiPhone初号機です)、メインとなるのはデスクトップPCですから当然ホームページもデスクトップ画面を大きく使ったデザインが主流です。今のようなCSSを使ったものではなく、テーブルレイアウトが主流で、FLASHなんかもバンバン動いてて今見ると吐き気がしそうなくらいダサいデザインでも30万とか50万で制作依頼されるような時代でした。ヤフーを辞めて独立したてだった自分もこの恩恵を受けまして、1ヶ月かけて2つ作ったらハワイへGO!みたいなそんな生活ができていたものです。

時は進んで2010年頃からスマートフォンが本格的になってくると、デスクトップからスマートフォンへの移行期間になります。この時代にはデスクトップ、ガラケー、スマホと3種類あり、それぞれ独立したデザインを用意しなくてはならなかったので制作はとんでもなく面倒なものでした。ドコモ、KDDI、SoftBankとそれぞれ仕様も別でしたのでそれぞれの言語を覚えないと専用ページが作れませんでした。もはやテーブルレイアウトだけではデザインしきれなくなり、ガラケー版やスマホ版なども作れる柔軟性の高いWEBデザイナーだけが生き残ります。

さらに進んで2012年頃になると、ガラケーでネットを閲覧するユーザーは激減し、スマホで閲覧するユーザーが爆発的に増加します。この頃ネット閲覧比率はPC:スマホ=50:50くらいになっており、スマホで訪れたユーザー向けに「スマホ版がありますけど見ます?」的な案内を加える技法が主流になってきました。
この頃になるとCSS+HTMLというデザインの仕方が主流になり、テーブルレイアウトから進化できなかったWEBデザイナー達が大勢引退します。

第一次WEBデザイナー ・・・ 1995年~1999年頃 HTML2.0、HTML3.0、HTML4
第二次WEBデザイナー ・・・ 2000年~2014年頃 HTML4、XHTML1.0、PHP
第三次WEBデザイナー ・・・ 2015年~ HTML5+CSS3、PHP

ホリエモンなどは第一次WEBデザイナーでした。この当時ホームページ作れると1つ作って200万とかもらえたのでそれが原資になってたみたいです。

2014年後半にHTML5+CSS3という技法が主流になるよ~と通達があったのですが、僕はこの翌年の2015年の夏に必死に勉強してHTML5+CSS3を習得しましたのでなんとか生き残ることができました。というのもHTML5+CSS3というのは、それまでのXHTMLやHTML4とは仕組みが大きく異なるので、今まで培ってきた技術がほとんど学び直しみたいな感じになるのです。ということで、この時期を境に進化できなかったWEBデザイナーたちが大量絶滅してしまいました・・・。

なぜ今、WEBデザイナー不足なのか?

スマホでネットを閲覧するユーザーが70%を越え、今やネットは生活に切り離せなくなっています。デスクトップ時代は自宅か会社でしか観ることができなかったネットが、今では電車の中でも公園でも、どこでも見ることができるのですから、利用時間は3倍に増加しました。ということでホームページの需要は爆増中なのですが、前述した2015年大淘汰によって、WEBデザイナーが大量にいなくなっているのです。発信者はもっと自由度高く作りたいのにWEBデザイナー不足から、安易なブログやSNSで済ますという現象が起きています。決して予算がないわけではないのです。作れる人がいないので仕方なくFacebookなどを代用しているのです。

なので、きちんとHTML5+CSS3を学び、クライアントに寄り添ったWEBデザイナーになればそこそこ稼げる時代が再び訪れる可能性があります。世の中デフレで何でも安い時代ですが、価値ある技術は高くて良いと思います。賢い経営者達は自分たちの情報を差別化するためにホームページにお金をかけることを惜しみません。さぁ若者よ、WEBデザイナーになって一稼ぎしましょう。

ということで弊社は4月よりホームページ制作料金を大幅に値上げします。