カテゴリー別アーカイブ: 時事ネタ

スマホのバッテリー消費を抑える方法

『ポケモンGO!』の影響であちこちでスマホ片手に歩いてる人見かけます。
うちの息子も例外なくポケモンゴになったわけですが、
スマホのバッテリーがすぐ無くなると嘆いておりました。
それもそのはず、ポケモンGO!はGPS使いっぱなしですから。
スマホの電池消費で最も激しいのがGPSです。
その次がアプリ。
なのでGPSとアプリを使ってなければ結構持ちます。

さてそんな中、ポケモンGO!をやりながらも
バッテリー消費を抑えるにはどうしたらよいでしょうか?
普通にやってれば3時間程度が限界でしょう。
でも実際は6時間とか12時間は遊びたいわけで、
外でやるので100V電源を持ち歩くこともできません。
(実際は持ち歩けるのだけど重いんだこれ)

それは「冷やす」ことです。
スマホやPCの機械類は熱を持つと大量にバッテリーが減ります。
なので熱を持たないよう、可能な限り冷やすのです。
氷を入れたタオルで包みながらスマホをやるとか、
冷房の効いた場所でやるとかです。
うちわで扇いだくらいではダメなレベルです。
気温20℃以下の部屋にずっといるくらいの冷却です。

充電しながらアプリ動かしてるともっと発熱します

なので充電しながらはやらないことがベスト。
2~30分も充電すれば結構溜まるので待ちましょう。

お勧めのポータブルバッテリーはこれだな

タイミングが悪いというかポケモンGO!のリリースは夏と言う・・・
1年で最も暑い時期にリリースしなくてもいいのにね。
これが冬だったらバッテリー消費も少しは抑えられるのに。
まーなんといいますか、ポケモンスタンプラリーに始まった
任天堂のこの手のイベントは夏の風物詩みたいなものですから。
夏にリリースは仕方がなかったのでしょう。

ということでスマホのバッテリー消費を抑えるには冷やすしか
方法がないのですが、これができない場合はポータブルバッテリーで
充電しながらやるしかありません。
最近のポータブルバッテリーは性能が良いので、
充電しながらアプリをやってもどんどん充電されてゆきますが
前述したとおり、ながら充電は発熱の原因なので充電中はアプリはオフ!

AnkerPowerCore-20100
お勧めはAnker PowerCore 20100ですね。
20,000mAh以上の大容量バッテリーです。
これくらいあるとたのもしく充電できますし10時間は遊べます。
気になる重さも350gと缶ジュース1ヶ分程度です。

SOMAN 10000mAh
あとはSOMAN 10000mAh

万が一充電が切れても太陽光で充電できる優れものです。
災害時用に開発されただけあって優れものです。

後個人的に欲しい!と思ってるのは
ソーラー発電パネル付きのバックパックです。
これさえ背負っていれば夏は電池切れの心配が要りません。
キャンプ場なんかでももの凄く重宝します。

ECEEN
都会では小容量のECEEN ソーラーバックパック 6.5W太陽エネルギーソーラー充電板付 スマートフォン/android/ノートパソコン等対応 10000mAh

King Fly
キャンプ場なら大容量のKingFly6.5W 35L ソーラー発電パネル内蔵 バックパックが良いと思います。
個人的にはKingFlyの方がミリタリーっぽくて格好いいですよね。

バックパックでポータブルバッテリーに充電して、貯まったらスマホに充電してれば最強!