カテゴリー別アーカイブ: 散骨&粉骨

エンディング業界を取り巻く状況観察・2016夏

お盆と言うことで墓参りですね。朝からニュースで「東北道渋滞30km」とか聞くと「ご苦労様です」って思います。弊社は昨年の11月より粉骨代行サービスを始めましたので、お盆の時期に需要があるのかどうかの判断ができず、とりあえずお店を開けてお問合せにはいつでも対応できるように待機しております。粉骨の予約は午前中に2件、午後に1件とありましたが電話は鳴りませんね。いつもならジャンジャン鳴ってるんですけど・・・早めに帰ろうかな。初年度は読めません。

今月の22日から東京ビッグサイトでエンディングフェアやりますが、市場が冷え込む中、終活関連ビジネスは大盛況のようです。そりゃそうですよね、人口の1/4が65才以上だし、皆いづれは亡くなるわけですから。エンディング業界は先細りのはずがないんです。

葬式相場は1/4以下に大暴落中

ところが昔のように坊主がフェラーリ乗れるほどの状況ではないみたいです。かつては葬式一回150万とか200万とかでしたからそりゃ儲かります。でもここ2~3年の間にダンピング合戦が勃発し、現在の平均価格は30万~50万前後まで下がっています。どこに行ってもある、なんちゃらホールやセレモニー会館みたいな商売は、葬式相場150万を見越しての商売なので、この急激な相場下落に事業が耐えられなくなっています。全てのホールに常に数名居たスタッフも、会場をまたいで依頼があったら開けるみたいなそんな節約をしながらなんとか維持してるようです。どう考えても利用者が少な過ぎ!おそらく近々に大型倒産もあると思います。あの巨大ホール・・・どうするのでしょう?




お寺の檀家離れが止まらない

この状況に伴いお寺や霊園などの仏教界にも大激震が走っています。かつては何百人も檀家を集めてウハウハしていたお寺も、歯止めが効かない檀家離れに頭を抱え、ついには永代供養が破格値で、とにかく破格値で集金するしかない!みたいなお寺なども現れ、非常に殺伐とした感じになっています。特に過疎化が激しい地方のお寺では離壇が多く頭を抱えているようです。そんな中、一部のお寺が生活のために宗派を無視して永代供養の受付を始めて話題になりました。

いわゆる「送骨」というやつですが、宗派を無視したなりふり構わないやり方に仏教界は大激怒しているみたいです。中には都内のお偉いさんがお寺と組んで怪しい団体を作って「骨を送れ」と集金に躍起になっていたり・・・ほんと異常な世界になってきました。

ベンチャーが仏教界を潰すかも?

pop_kakakuhakaiそんな中、今日のニュースで「墓じまい代行サービス」を取り扱うベンチャービジネスの事をやってました。お寺から遺骨を引き上げてお墓を片付け、寺には一銭も払わないで済ます墓じまいのお手伝いをするそうです。お寺にしてみれば「なんちゅー余計なことを・・・」というサービスですね。ちなみにこの会社はユニクエスト・オンライン社です。小さなお葬式シリーズで仏教界をどん底まで価格破壊させた会社です。ネットを駆使した若者達の会社が年寄りだらけの仏教界に殴り込みをかけてるような状況かと。イオンなんかも低価格葬式に参入してきたし、フェラーリ坊主の絶滅も時間の問題なのかもしれません。

寺や霊園の倒産が続出するかも?

ということで現在、「葬式費用の価格崩壊」→「墓じまいによる離檀加速」と続いているわけですが、この状況が続くとあと5年もしないうちにお寺や霊園、納骨堂などの倒産ラッシュが訪れるような気がします。何せこれらの維持費には莫大な資金が必要ですし、檀家制度や会員確保が不可欠だからです。こうした仏教的な風習を重んじているのは80代以上の戦争体験者世代ばかりです。80代といえば最も亡くなる方が多い世代ですので、あと5年もするとお墓信仰もかなり薄れると思います。

納骨堂が破綻したら遺骨はどうなるのか?

契約書実は、特に危険性を伴っているのは納骨堂です。お墓離れに危機感を持ったお寺などが、融資を受けてとてつもなく大きな納骨堂を建設したりしていますが、納骨堂の需要はお墓と全く同じですからね・・・。

また、納骨堂の永代利用料金を見ると30万とか50万とか強気です。明らかにこの料金は高すぎます。今はまだ募集すればそれなりに集まるかも知れませんが、数年先には集まらなくなるでしょう。そうなれば納骨堂は高い確率で破綻します。

納骨堂は遺骨を預ける時に保証人を立てますので、破綻した際にはその方が遺骨を引き取ることになります。破産してるわけですから当然ながら永代使用料などの返還はありません。「え?嘘でしょ?」と思う方もいるかもしれませんがそういう事なんです。利用規約は納骨堂にいいように作られているのです。

オススメの葬送は「散骨」か、「ちゃんとした永代供養」

ということでお葬式から納骨のことまであらゆる予測をしてみたのですがいかがだったでしょうか?特に仏教を重んじて信仰しているとかでないのなら散骨が一番後腐れ無くて良いです。散骨は違法だ!などと言う方がいますがこれは勉強不足。現在の法律ではきちんと粉骨して節度をもって撒けば散骨は違法にはなりませんから。散骨は法律の抜け道などでなく、きちんとした認められた葬送の権利なんです。

また、仏教を重んじる方は送骨なんてしないできちんとした永代供養をお願いするべきかと思います。ちゃんとしたお寺の永代供養相場は1体あたり25万前後です。ちなみに遺骨を数えるときによく使われる「柱」という呼び方は神道の言い方ですのでお間違えないように。神道では人が亡くなると命(みこと)になり、柱となりて民を支えるという意味で「柱」を呼ばれています。

葬式マナー・香典の目安