ホームページ更新代行料金の相場

猛暑の夏もそろそろ終わりそうなので、ホームページを修正しまして再びホームページ更新代行の受付をはじめることにしました。毎年のことですが暑いとデスクワークもやる気を失います。クーラーの効いた快適な環境とはいえ、外気との温度差が激しいと体力の消耗も激しいのが正直なところです。なので夏はお仕事を若干セーブしています。すいません

今回修正したのは、主に全体的なデザインとレイアウトです。お客さまの立場に立って「どんな代行を求めているのかな?」とか、「料金はどれくらいなら安いと感じてくれるのかな?」など深々と考えて修正しました。余計なことを書きすぎると読んでくれませんし、あまりにも書かなさ過ぎるとサービスを申し込んでくれませんからね。たかだか3ページくらいなのですが、校正と編集にまる2日かかりました。

ホームページ更新代行料金の相場ってどれくらい?

自社の代行料金を決めるにあたって、他社の価格を徹底的に調査してみました。高いところだと1ヶ月あたり50,000円というところがありましたが、こういうのは大企業なんかの大規模ホームページ用なのでしょう。専属スタッフを常駐させて毎月の更新が何十ページという規模です。それでも社内に専任スタッフ配置するより安いですけどね。弊社にはそれほどリソースがないので無理です。任せます。

最も多かった料金は15,000円~30,000円くらいの価格帯でした。社員数名雇って都心に事務所構えていたら、1件あたりそれくらいもらわないと利益は出ないのかもしれませんが、たかだか更新だけでその料金はちょっと高いな~なんて感じました。多分お客さまも同じ事思ってると思います。

最安値は利用した文だけの料金を支払うといった料金プランで、テキスト修正300円とかそんな感じでしたが、この方法って依頼者の立場で考えると頼む度に見積もりと少額請求が来るので事務作業が増えて面倒臭いんですよね。請け負う方も面倒です。なのでホームページ更新代行料金は月額固定制が良いと思いましたので、弊社はこのまま月額固定制にすることにしました。また、毎月の振込はお客さまに振込む手間と手数料を負担させてしまうので、銀行口座からの自動引落をデフォルトにすることにしました。これで支払い方法に関しては両者手間いらずです♪

肝心の料金ですが、消費者目線で考えると料金は安いに越したことはないのでしょうけど、不思議と安いところってホームページがショボイですよね。ホームページがショボイとHTML知識も豊富では無さそうな感じがします。自信の無さ=料金の安さなのかもしれません。弊社は更新技術は普通ですが、狙ったキーワードで10位以内表示率が72と比較的高い方なので、ここを推して「やや強気」で料金設定しようと思います。ただ更新するだけなら誰でもできます。14年もWEB業界にいるのならそれなりに仙人レベルでなければならないと思うんです。こういうのは他社には真似できないでしょう。

ということで弊社のホームページ更新代行料金はライト(5,500円)とレギュラー(11,000円)の2コースに決定しました。更新がメインと言うよりも、SEO対策(希望キーワードで10位以内を目指す)メインで管理してゆくので、さほど更新はないのだけど作った以上は狙ったキーワードで10位以内を維持したい!というお客さま向けだと思います。また、毎月何をしているのかを明確にするためにレポートも提出することにしました。

正直な話、競争が激しいキーワードだと10位以内に入るのに時間がかかりますが、過去実績だと二語文、三語文などであれば管理してからわずか30日で1位になったお客さまもいますので自信はあります!目指すはクライアント全社が狙ったキーワードで10位以内に入ることです。会社の規模は小さいけどネットでは強い!そんな個人事業や中小企業を徹底的に支援したいと思います!是非みなさんご利用下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホームページ更新代行サービス

画像はイメージです