毎日45通届いていた迷惑メールを1通も届かなくした方法

パソコンを開くと大量の迷惑メールのせいで落ち着くまでに結構な時間がかかります。テザリングとかしてるとそれなりに容量もかかってしまうし、迷惑メールにはうんざりだなと・・・ということで、本気で迷惑メールが届かないようにするために対策を考えて実験してみました。その結果、現在ではほとんど0通♪1週間ほど地味な作業が続きますが効果は抜群ですので、アカウントを変更できない代表メールアドレスなどをご利用の方などは是非ご参考下さい。

迷惑メールを撃退できる条件

・独自ドメインなどを取得しており、メールアカウントの追加や削除が自由に出来る方。
・サーバのメールフィルターで、ドメイン指定、英文、空白タイトルでの受信許可ができる方。

迷惑メール撃退の手順

  1. 深夜の時間帯にメールアカウントを削除し、朝方復活させる。
    迷惑メールは送信する方も大変ですので、「自動配信ロボット」を使用しています。大量のメールアドレス宛てに一斉に送信するのですが、送信先の中には使われていないメールも大量に存在し、そういった送信先からは「このアドレスは存在しません」という返信文がサーバから返ってきます。(いわゆるMAILER DAEMONというやつです)。送信元のロボットは「確実に届くアドレスだけを抽出して編集する機能」というのが附属している場合が多いので、このメーラーデーモンを受信すると自動的に送信リストから削除します。この機能を逆手にとり、送信元のリストから削除させてしまおう!とうのがこの狙いです。

    1日だけやっても効果はありますが、3日ほど連続してやると迷惑メールがほぼ半減しました。対策前には45通/日だった迷惑メールは2日目に34通/日、3日目は10通/日、4日目は13通/日、5日目には15通/日まで減少しました。これだけでも約30通ほど減らすことができました。

    具体的なやり方
    深夜にお客さんからメールが届く可能性がある場合は、事前にその方に通知した上で行います。弊社の場合は22時~翌朝8時までアカウントを削除し、毎朝出社時に復活させていました。

  2. 特定ドメインからのメール受信を拒否する設定をする。
    ロボット対策後に届く迷惑メールを分析すると、送信元のドメインが似ていることに気づきます。そこで、よく送られてくるドメインを全て調べ、以下の6ヶのアドレスからの受信をサーバで拒否設定しました。
    ・docomo.ne.jp
    ・ezweb.ne.jp
    ・softbank.ne.jp
    ・yahoo.com
    ・me.com
    ・hotmail.com

    hotmailは迷ったのですが、弊社のお客様の中にはhotmailを使ってる方は1名だけだったので、その方のメールアドレスだけを受信許可しました。同様に、携帯電話から送信してくる方の特定アドレスからの受信だけを許可すれば問題はないと思います。(あまり多いと面倒ですけどね)

    さらに弊社の職業上よく送られてくる「adprint.jp」というドメインからの受信も拒否。配信許可与えてないのに勝手に送りつけてくる会社はロクな会社ではありません。

    この結果、15通/日→6通/日程度にまで減少しました。

  3. 英文メール、タイトルの無いメールを拒否する設定をする。
    さらに残りの迷惑メールを分析すると、海外からの英文だらけの物と、何も書いていない空白メールでしたので、サーバのスパムフィルターを利用して「英文だけのメールは削除」と「タイトルが空の場合は削除」にしました。この結果届くメールは2通/日になりました。

    【空白メールはなぜ送られてくるのか?】・・・これはおそらくロボットがメールの送信先をさぐっているのだと思われます。収集したメールアドレスに空のメールを送り、メーラーデーモンが返ってこなかったら「送信できる!」ということでリストに追加しているものと思われます。

  4. 不要なメールマガジンからの配信登録を削除する。
    それでも送信されてくる最後の2通を見ると、どこかのメールマガジンから一斉配信されてました。無許可で送りつけるメールDMは違法なのですが、ほとんど取り締まりされていないので無知識な業者が勝手に登録するパターンがあります。こういった場合はメール本文の最下部に「配信中止の場合はこちらをクリックしてください」とあるので、そこをクリックして配信停止させると届かなくなります。これをやって遂に迷惑メールは1通も届かなくなりました!

    但し、中にはそうやってクリックさせて悪質なサイトに誘導するケースもありますので、クリックする前にドメインからどんな会社か検索するなどして確認してからクリックすることを強くお勧めします。

パソコンお役立ちコラムトップへ

© AT-Magazines corp. All Rights Reserved.