ホームページの保守管理って具体的にどんなことするの?

パソコンできる人がちょこっと文字変更したりする程度だろ?と思っていたら大間違い。ドメインやサーバの期限管理など重要なこと盛りだくさんなのです。

レンタルサーバーの期限管理とトラブル対応(1年に1回程度)

ホームページの90%以上は自社運用のサーバーではなくレンタルサーバーです。レンタルなので必ず有効期限がありますので、管理者はその更新管理などを行います。遅くとも有効期限の切れる3週間前には期限の延長を済ませておくようにしましょう。

管理者としてメールアドレスを登録しておくと、レンタルサーバー会社から「そろそろ期限ですよ」というメールでお知らせしてくれるサーバ会社もありますが、格安サーバなどはないところもあります。期限切れにならないように更新時期はマメに確認するようにしましょう。

サーバの更新を忘れてしまったら?

最近のレンタルサーバは10日程度であれば急いでお金を払えばそのまま継続して使えるサーバがほとんどですが、中には期限切れと同時に解約になるところもあります。万が一更新を忘れてしまったらすぐに管理画面から連絡してとにかく代金を振り込みましょう。電話サポートがあるサーバ会社の場合はサポートに一報入れておくとスムースです。

独自ドメインの期限管理とトラブル対応(1年に1回程度)

ドメインは借り物なので必ず有効期限があります。多くの方は3年更新などまとめてレンタルしているようですが、実はこれくらいの期限が一番忘れやすいのです。1年更新だと「あ、そろそろ更新の時期だな」と思い出すのですが、3年に1度などだと忘れる方続出です。

パソコンする男性ドメインは失効してしまうと1ヶ月間は凍結され、その後一般販売されてしまいます。多くはドメイン転売業者に買われ、買い戻そうとすると高値で買い取るしか方法がなくなりますので更新は忘れないように細心の注意が必要です。ドメインの更新は遅くとも1ヶ月以上前に行いましょう。

万が一ドメインを失効してしまった場合は、まずドメイン会社に相談します。大手の場合は万が一のことを考えて、失効後1ヶ月程度ドメイン会社で保有していることがあります。お金を払えば元通りになるケースがあります。本当に失効になってしまった場合は買い戻すか新たなドメインで再出発するしかありません。

コンテンツの追加や削除(毎月)

ホームページ管理者の主な仕事はこれです。コンテンツ(記事)の追加や削除、ページレイアウトや全体の編集作業などです。昔は専用知識がないと難しい作業でしたが、最近はオーサリングソフトやCMS等が改良されて、少し勉強すれば誰でも簡単にできるようになっています。

検索エンジン対策(SEO)

少し高度な管理になりますが、コンテンツの調整やリンクの調整などを的確に行うことで検索エンジンの上位に掲載させることができます。狙ったキーワードで上位に掲載されることで多大な集客が期待できるだけでなく、大幅な広告費の削減にも繋がりますので大変重要なお仕事です。

アクセス解析による現状把握

ホワイトボードの前でプレゼンする女性ホームページのバックグラウンドで収集された解析データを集計するお仕事です。どんな時間帯にどんな場所からどんな人達がどんなデバイスで閲覧しているのか?など、現状を把握するためのデータを集計します。

その他

ネット広告の出稿管理とマーケティング

ヤフープロモーション広告やGoogleアドワーズなど、PPC広告への出稿と管理、掲載終了後の効果測定と市場分析などを行います。アクセス解析は既にリーチできている範囲のデータしか得られませんが、PPC広告ではリーチできていない部分のデータが得られますので潜在ニーズを探るのに適しています。

FTPサブアカウントの管理

ホームページの更新部分だけを外注している管理者はFTPサブアカウントの追加や削除などの管理も行います。FTPアカウントさえあればホームページ内を自由に変更できますので、契約切れの外注先がアクセスできないようきちんと管理しなくてはなりません。

余談ですが外部委託する場合は、月に一度程度はサイト内から変なリンクを外部に張ってないかなどの巡回チェックも必要です。過去には管理者に内緒で自社サイトへリンクを張っていた業者がいました。

メールアカウントの管理

ホームページ用のサーバーはメールアドレスの管理もできる場合が多いです。メールアカウントの作成や削除、メーリングリストの管理なども管理者の大事な仕事です。特に注意が必要なのはメールサーバーがいっぱいにならないように容量チェックです。メール利用者がコピーばかりを受信していたり、読み込んだメールをサーバに保存する状態にしたままだと、メールサーバが一杯になってしまい、後から届いたメールが受信できなくなってしまいます。

また、メールサーバーに届いたウィルス付きのメールや、迷惑メールなどもサーバの管理画面からシャットアウトすることもできるサーバーが多いので、メール利用者から相談を受けた場合はこうした受信メールの管理も行います。

→ ホームページ管理・更新の仕方トップへ

© AT-Magazines corp. All Rights Reserved.